ジャグラー スロット

【ジャグラー】「間置き」とは…①

更新日:

誰かが追って追って(ハマったり、BAR単発地獄など)諦めて、しばらく放置されていた台。→ぽっと別の人が座ると即座にボーナス→一撃爆発(>_<)

ジャグラーを長いこと打ってきている方なら、こんな経験あるのではないでしょうか。もしくは周囲の台などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

これはあからさまな例を挙げましたが、これは今回からのジャグ攻略の関連事例でございます。

もちろん、ノーマルAタイプの機種ではお座り一発であるとか、トイレから戻ったら即ボーナス引いたとか、しばしば起こり得ることですが、ジャグラーは何かが特別だと断言できます。実に興味深いものです。

実際、ホールでも他のノーマルAタイプの機種よりも、稼働中の離席率が高く感じます。(笑)

狙ってやっているのか自然とやっているのかはそれぞれでしょうが、ちょっとハマると席を立ったり、カラ回ししてみたり、ジャグの島では、色んな光景を目にします。実に興味深いものです。

これを単にオカルトだと全否定する人は、「ジャグラーも毎ゲーム、設定ごとに、同じ確率で抽選されている」という認識の人だと思われます。この事に関しては知ってくべきジャグ理論を参照ください。

ジャグラーは基本的に調子よく出ていたとしても、同じリズムでずっと打っていると、ハマったり単発続きになったりと、あたかも制御がかかったかのような事になりやすいのです。なぜかというと、本当にそういう制御が働いているからです。これは設定関係なく起こります。

推定高設定ばかり打っていても、勝ったり負けたりで安定しない、勝ってもよくて1500~2000枚どまりの人。まさに機械割通りといった感じでしょうか…

まだ完成形とは言えないですが、「間置き」(私はこう呼んでいます)!!人によっては台休めとか呼ぶのかな?

これを駆使すれば、体感、機械割3%アップです。

ただし、やり方を間違えると機械割減となるもろ刃の剣であります(笑)

-ジャグラー, スロット

Copyright© スロ女子白書 , 2020 All Rights Reserved.